玄米と放射能の意外な関係

 

秋月博士というお医者さまをご存知でしょうか。
長崎原爆のときに、多くの患者を救った方です。
彼について、とても有名な話をご紹介します。

 

 

第二次世界大戦末期の1945年8月9日、長崎市に原子爆弾が投下されました。
キノコ雲が上がった爆心地から1.8km離れたところに、聖フランシスコ病院がありました。
当時病院長であった秋月辰一郎博士と病院関係者は、全員そこで被ばくしました。

 

焼けただれて痛がる人々であふれかえっていた病院内。
秋月博士は必死に「水を飲んではいかんぞ!」と大声で怒鳴っていました。
血液の濃度を保ち、血液を水でうすめることがとても危険だと直感的に判断したのだと思います。※

 

続けて秋月博士は、職員に指示を出しました。
「爆弾をうけた人には塩がいい、玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。 砂糖は絶対にいかんぞ」

 

 

(秋月辰一郎著「死の同心円−長崎被爆医師の記録」 講談社刊・絶版)
※戦地で、傷が深く重症だった兵士に水を飲ませると、すぐに亡くなってしまうという記録が残っています。

 

 

レントゲンの撮影後、全身に倦怠感や頭痛などの症状が起こることがあります。
その場合は、生理食塩水より少し多めの塩分を含んだ水を飲ませます。
秋月博士はそのことを思い出し、原爆の放射能から体を守るためには、塩が有効に違いないと推理しました。
味噌汁の具は、はじめはカボチャでしたが、その後、より塩分を摂取するため、わかめの味噌汁にしたそうです。

 

 

砂糖は、血液を作るもととなっている造血幹細胞の働きを抑制します。
逆に、塩のナトリウムイオンは、造血幹細胞を活発化させる作用があります。
食養医学から、秋月博士は砂糖の摂取を禁止したのです。

 

 

秋月博士の指示に従い、患者の救助にあたったスタッフたちは、驚くことに原爆症と呼ばれる放射線障害が発症することがありませんでした。
原爆症は、すぐに症状が出ていなくとも、徐々に進行し容態が悪化、死に至ってしまうケースがほとんどでした。
しかし、彼らはそれからずっと生き続けています。

 

 

それから40年以上経った、1986年4月26日。
チェルノブイリで原子力発電所事故が起きました。
このとき、秋月博士の「長崎原爆記」が英訳され、西欧で広がるきっかけになりました。
そして玄米と味噌の出荷量が、爆発的に伸びたそうです。

関連ページ

玄米とは何か
栄養価の高い玄米で美味しく楽しく、美容に健康にダイエット。安心安全な無農薬玄米の通販のご紹介と炊き方・食べ方の情報サイトです。
お米を保管する方法
栄養価の高い玄米で美味しく楽しく、美容に健康にダイエット。安心安全な無農薬玄米の通販のご紹介と炊き方・食べ方の情報サイトです。
美味しく玄米を炊く方法
栄養価の高い玄米で美味しく楽しく、美容に健康にダイエット。安心安全な無農薬玄米の通販のご紹介と炊き方・食べ方の情報サイトです。