玄米食にはデメリットがある?

玄米は健康に良いと、玄米食にしている方も多いと思いますが、
ちょっとここで、玄米のデメリットを挙げてみたいと思います。

 

玄米は美味しくない。

 

正しい炊き方をしないと玄米は消化に悪い。

 

精米機を通していないので異物が混入している可能性がある。

 

農薬は籾や米糠に溜まりやすいので、玄米は白米より農薬の影響を受けやすい。

 

発芽しない玄米には毒性がある。

 

 

他にも思いあたるところはありますが、
これが正しいかどうかはわからないので、
このくらいにしておきます。

 

こうしてみると、玄米生活を送るのにもテンションが下がってしまいます。

 

健康に良いどころか、悪いの?

 

白米のほうが安全なんじゃない?

 

とさえ、思ってしまいました。

 

でも、そうではなくて、

 

安心・安全な玄米を、

 

正しい炊き方で、

 

ちゃんと食べれば、玄米は体にとても良いものなのですね。

 

 

玄米は美味しくない? 美味しく炊けば良いのです

 

玄米のデメリット、
美味しくない、消化があるい、

 

これは正しい炊き方をすれば解決します。

 

 

農薬の影響を受けやすい。。。ならば無農薬の玄米を選べば良いのです

 

籾や米糠の部分に農薬が溜まりやすいと言われていますが、
胚芽の部分にも農薬は溜まります。

 

もし、玄米生活を送るなら、無農薬のものを選んでください。

 

ネットでも無農薬の玄米は手に入ります。

 

残留農薬の検査や、放射能の検査などを行っているお米屋さんを選ぶのが良いと思います。

 

 

 

あなたの食べている玄米は発芽しますか?

 

発芽しない玄米には毒がある、なんてちょっとショックでした。

 

実際、自分が食べて玄米って発芽するのだろうか。。

 

ドキドキしながら実験してみました。

 

 

 

玄米に混入している異物とは。。

精米機を通してないのですから、いろいろ混じっていそうですよね。

 

外の田んぼですくすく育っているのですから、
砂やら、小さな石やら、もちろん虫だっていそうです。
虫が卵を産み付けているかも。。
我が家は農家から直接購入した玄米にノシメマダラメイガの卵がついていたようです。

 

しばらくして家の中を蛾がたくさん飛んでいるので、不思議に思っていたら、
出所はどうやら玄米の中でした。

 

しかも、すでに玄米の中にはノシメマダラメイガの幼虫が!!!!
まるでうじ虫のよう。。

 

ノシメマダラメイガが厄介なのは、
飛来するということです。

 

お米だけでなく、小麦粉などにも卵を産みつけるそうで、
袋ぐらいは破ってしまうとか?

 

害がないにしても、家の中に住み着かれて嫌です。

 

話が脱線しましたが、

 

それ以外にも、ネズミの糞がついていてもおかしくないですし、
ガラス片や金属片が混入してもおかしくなないのです。

 

農家から直接買うのは新鮮で一番安心な気がしますが、
混入物を取り除く作業はしていないと思うので、
気をつけたほう良いですね。

 

玄米は白米のように洗う必要がないといいますが、
このような混入物のことを考えると、
よーーく洗ったほうが無難だと思ってしまいます。

 

一番おすすめなのは、
玄米の販売に力を入れているお米屋さん。

 

玄米専用の設備がちゃんと整っているお米屋さんがよいと思います。